一流ちゃん開催の銀座の町コンをめぐってみました

街路コン一流君が企画していたセレモニーに、初めて参加してきました。
参加費は、女性は1,000円、男性は3,000円。
リクエストと出費はインターネット上で完了しました。
課題は「一流販売パパ」。
ただしその因子は、どこでも上場していれば大丈夫、公務員も大丈夫、といったルックスでしたので、一流以外の方もいらっしゃいました。

いざ行ってみると、案外お友達同士で参加している女児が多かったのが意外でした。
逸話に聞いていた路地、まずは深い発言がまったくできない循環寿司自己紹介。
次にフリータイムで、循環寿司で気になった人のところに明かしに行きます。
基本的に女性は座ったままで、男性の方が妻のもとへ動いていましたが、万が一!?暇になるよりは女性もどんどん動いた方がいいと思います。
最後にカップリング見込み彼氏のナンバーを書いて、人員に渡します。
ただ、こういう会は、指名した個々とされた個々がはっきりわかって仕舞うシステムで、目の前の個々だったりすると気まずかっただ・・・。
せめて男女特別客席を移動してからとか、カップリングになった人だけが分かるとか、
こうした段取りがほしかったなぁと思いました。

僕は夫婦にはなりませんでしたが、不思議なもので、慌ただしい循環寿司や自由を繰り返していると「こういう中から選ばなくてはいけない」「誰を指名するか速く決めなくちゃ」とかという義務印象という感情が芽生えてしまう。
指名と実績公開まで終わったときにふと、「通常だったらこの人選ばないな・・・」としてしまい、なんだか不思議な趣きがしました。

終了後、人によっては、夫婦にならなくても、会の途中で仲良くなった個々に帰りのエレベーターなどで話しかけて、喫茶店などに誘って掛かる個々もいました。
周辺同士で参加した女児パーティーに、男子たちが同数のタッグを組んで呼び掛け、複数人で飲みに行ってる様子もありましたので、会の終了後の方が熱いかも!?と思いました。即日融資OKなカードローンとキャッシング【今すぐお金を借りられる】